ベネフィーク「ハイドロUVジーニアス」を使ってみた感想

老化や日焼け・シミを防ぐには季節を問わずに日焼け止めをしっかり塗っておくことが必要です。

しかし日焼け止めを塗っている時に、乾燥が気になるという人も中にはいると思います。

本記事では、ベネフィーク「ハイドロUVジーニアス」を使ってみた感想について紹介します。

 

 




「スキンケアもできる高性能日焼け止め」

「ハイドロUVジーニアス」の最大の特徴は、スキンケアもできる日焼け止め美容液だということです。

美容液成分が豊富に含まれているので、日焼け止めをつけると肌が乾燥するという人でも安心して使うことができますよ。

夏場に売れる日焼け止めはどうしてもサラサラタイプが主流になってきますから、そうなると乾燥肌の人は選択肢が少なく困ってしまいますよね。

この日焼け止めはサラサラな仕上がりというよりも、しっとりふっくらした肌になります。

なので乾燥肌の人はオールシーズン使えますし、それ以外の肌質の人なら秋冬など乾燥している時期に使うといいでしょう。

多少ながら花のような香りがし、顔に使うものですから匂いに敏感な人はそれが少々気になるかもしれません。

 

「化粧下地としても使える」

この日焼け止めのいいところは、化粧下地としても使えることです。

メイクは洗顔からのスキンケアを一通り行った後下地を塗り、そこからフェイスパウダーやファンデなどを塗るのが一般的です。

「ハイドロUVジーニアス」は保湿力に優れているため、人によってはクリームやジェル・化粧下地の段階をこれ1本に置き換えて使用することもできます。

テクスチャは美容液配合ということもあってか、塗る付きますし最初のうちはベタッとします。

顔に粉を叩く場合は、日焼け止めを塗ってから数分放置するか事前に軽くティッシュで抑えることをオススメします。

カバー力はそれなりで、多少の毛穴やくすみ、色ムラ程度なら難なく隠してくれることがわかりました。

 

 

「加齢しつつある肌ならいいがコスパは悪いかも」

乾燥肌や加齢が気になる肌の人は、数ある顔用日焼け止めの中でもこの商品は候補に入るでしょう。

しかしながら、皮脂の分泌が多い人や皮膜感が気になる人はこの商品だと顔に違和感を覚えるかもしれません。

肌がモチモチと潤うのは実感できますが、元から乾燥に苦しんでいない人はコスパのことを考えると別の日焼け止めを使う方がいいですよ。

液は肌につくとうっすらピンク色に発色しますが、より綺麗に発色してくれてサラサラした質感で、尚且つ手頃な値段の日焼け止めは他にもありますからね。

 

以上、ベネフィーク「ハイドロUVジーニアス」を使ってみた感想の紹介でした。

今回は夏に使った場合のレビューでしたが、乾燥の酷い秋冬だとまた違った使用感になるかもしれません。