ハトムギ化粧水をボディケアに使ってみた感想

大容量なのに低価格で入手もしやすいという理由で数年前から人気を保ち続けているハトムギ化粧水。


化粧水は顔に使うものという先入観がありますが、ハトムギ化粧水は体に使っても効果を発揮するのです。

本記事では、ハトムギ化粧水をボディケアに使ってみた感想について紹介します。

 

 




「肌質を選ばないライトな使用感」

ハトムギ化粧水はサッパリとライトな使用感が特徴です。

テクスチャはさらりとしていて、浸透力に富むタイプの化粧水のようにバシャバシャつけてこそ効果が実感できます。

刺激レスなので敏感肌にも使えますし、肌荒れをした肌も優しく労ることができます。

ボディクリームやボディバターほどの保湿力はないので、単体では極度の乾燥肌には向かないでしょう。

そうした肌質の場合は何層も重ねて肌に叩き込み、その上からクリームで肌をコーティングすることでより潤いを閉じ込められますよ。

油性肌や普通肌とは相性が抜群に良く、春~夏の時期などはこの化粧水単体でも肌が潤うことでしょう。

 

 

「重ねてパッティングしたらモチモチ肌になれる」

特にオススメの使用タイミングは、肌の余計な角質や毛穴汚れなどが落とされているお風呂上がりです。

体を拭き終わったタイミングなら全身の保湿も簡単にできますからね。

肌の潤いを実感するには、肌がひんやりしてきたなと思うくらい塗り重ねることが大切です。

ベースがさらさらタイプなので肌表面を触ってみるとすべすべ感がありますが、肌の内側はみずみずしく浸透させるほど弾力も増していることがわかります。

踵や肘、デコルテなど特に保湿をしたい部分は、コットンに化粧水を含ませて数分間パックをしてみるのもいいですよ。

パックをすることで水分がより肌に浸透しますし、硬くなった皮膚を柔らかくする働きも期待できます。

 

 

「暑い時期の火照った肌のケアにも」

暑い季節でも紫外線やエアコンなどによって肌は乾燥しますが、重めのテクスチャのクリーム類は使う気になれませんよね。

ハトムギ化粧水は全く重みを感じさせない使用感なので、暑い季節のスキンケアには最適です。

夏場なら、使用する直前までハトムギ化粧水を冷蔵庫で冷やしておきましょう。

お風呂上がりの火照った肌がたちまち引き締まり、よりサッパリとした湯上がりになります。

ベタつきは殆ど感じられませんが、サラサラした肌の方が好みの場合はボディパウダーを軽く叩くのがオススメです。

 

以上、ハトムギ化粧水をボディケアに使ってみた感想の紹介でした。

ハトムギ化粧水はとてもコスパが良いので、顔だけでなく全身のケアに惜しみなく使うのがいいですよ。

クセがなく肌質も問わないので、全身用のケアとして1つ持っておくと重宝します。