美肌を保つ夜食の食べかたとは!? 工夫次第で夜食を食べても美肌を保てる!

夜食って、「肌に悪い」という印象がありますよね。しかし、工夫次第では、夜食を食べても美肌は保てるものですよ。この記事では、そんな美肌を保つ夜食の食べかたについて、提案をしてゆきます。

 

 

就寝時刻の直前には夜食を食べない

 

就寝時刻の直前に夜食を食べてしまうと、お腹が重たい状態で眠りに入ることになります。やはり、お腹が重たい状態で眠りに入ると、上質な睡眠にはつながりにくいでしょう。結果として、上質な睡眠につながらず、肌が荒れてしまうかもしれませんね。

上質な睡眠を保つためにも、就寝時刻の直前には夜食を食べるべきではないのです。ちなみに、私は遅くても就寝時刻30分前には、夜食を食べ終わるようにしていますよ。実際、就寝時刻30分前までに夜食を食べ終わるようになってから、肌がキレイになってきていることを実感しています。

 

 

夜食は300カロリー以下に抑える

 

満腹になるまで夜食を食べてしまっては、上質な睡眠をとることができません。つまり、満腹になるまで夜食を食べてしまうと、肌が荒れてしまう可能性が高まるということです。

夜食を食べる際は、300カロリー以下に抑えることを心がけてみてください。やはり、夜食を300カロリー以下に抑えれば、睡眠に支障をきたしにくいものですよ。

ちなみに、「300カロリー以下の料理」と言っても、レパートリーはたくさん存在します。したがって、料理にこだわる人でも、充分に夜食のレシピを楽しむことができるはずです(こだわりすぎて睡眠時間に支障をきたしてはいけませんが…)。

 

 

空腹が激しい場合でも、夜食は400カロリー以下に抑えよう

 

ただ、空腹が激しく、「300カロリーを超える夜食を食べたい」という日もあるでしょう。しかし、このような日であっても、夜食は400カロリー以下に抑えるようにしてください。

やはり、満腹感を得ようとたくさん夜食を食べてしまうと、肌荒れにつながりかねません。

私の経験上の考えではありますが、「最大でも夜食を400カロリー以下に抑えれば、何とか美肌は維持できる」と考えています。

ぜひ、空腹が激しい場合でも、「夜食は400カロリー以下に抑える」ということを、守るようにしてください。

 

 

夜食を食べる前に、コップ1杯の水を飲む

 

空腹感の対処法として、「水を飲む」というものがあります。つまり、水を飲めば、その分だけ食事を少なくしても、お腹は満たされるということです。

「たくさん夜食を食べたい」というときには、夜食を食べる前に、コップ1杯の水を飲んでみてください。すると、空腹感が少しだけ和らいで、「たくさん夜食を食べたい」という思いはなくなるはずです。結果的に、300カロリーから400カロリー以下の夜食にしても、お腹は満たされるものですよ。

 

飲み物はお茶or水にする

 

夜食を食べる際の飲み物は、お茶か水にすることをオススメします。例えば、夜食でおにぎりを食べる際は、「おにぎり+お茶or水」をお腹の中に入れるということですね。

お茶や水は、0カロリーです。つまり、お茶や水を飲めば、「飲み物でカロリーを摂取してしまう」という状況を避けることができるわけです。

反対に、夜食を食べる際の飲み物として、例えばコーラを飲んでしまったらどうでしょうか。この場合、「飲み物でカロリーを摂取してしまう」という状況を作ってしまうわけですね。結果として、上質な睡眠につながらず、肌荒れを起こしてしまうかもしれませんよ。

 

コーヒーや紅茶を飲んでカフェインを摂取しない

 

また、夜食を食べる際には、コーヒーや紅茶を飲むようなことはしないでください。確かに、コーヒーや紅茶は、0カロリーの飲み物です。しかし、コーヒーや紅茶には、カフェインが含まれています。仮に、夜食の時間にカフェインを摂取してしまったら、どうなるでしょうか。もしかしたら、眠れなくなってしまい、肌荒れにつながってしまうかもしれませんよね。

 

 

夜食は簡単なレシピの料理にする

 

簡単なレシピの料理であれば、「調理時間」は短くなります。したがって、簡単なレシピの料理を作ることで、睡眠時間を確保することができるのです。

反対に、難しいレシピの料理を夜食にしてしまったら、どうなるでしょうか。やはり、「調理時間」が長くなってしまい、睡眠時間に影響を及ぼすかもしれませんよね。

言うまでもなく、美肌を保つためには、睡眠時間を確保することが大切です。つまり、睡眠時間を確保するためにも、夜食は簡単なレシピのものにすべきなのです。

 

 

夜食はなるべく調理器具を使わない料理にする

 

夜食を作る際に、調理器具をたくさん使ったら、どうなるでしょうか。やはり、調理器具をたくさん使ったら、洗い物に時間がかかってしまいますよね。そして、洗い物に時間がかかった結果、睡眠時間に影響を及ぼしてしまうかもしれません。

やはり、睡眠時間を確保するためには、洗い物にかかる時間を少なくすることが大切なのです。ぜひ、洗い物にかかる時間を少なくするためにも、夜食はなるべく調理器具を使わない料理にしてください。

 

 

私がよく食べる夜食について

 

ここからは、私がよく食べる夜食について、紹介をしてゆきます。「どんな夜食がいいんだろう」と考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 




野菜うどん

 

私はよく、「少しだけ野菜が多めのうどん(野菜うどんと名付けています)」を、夜食として作っています。

うどんはあっさりとしているため、夜食には最適でしょう。また、少しだけ野菜が多めのうどんなわけですから、美肌効果もあるはずです。もちろん、私が作る野菜うどんは、肉などは入れないため、300カロリー以内に抑えられていますよ。

うどんのつゆは、「めんつゆ」を使うことをオススメします。「めんつゆ」を使えば、ダシをとる必要がなくなります。結果として、調理時間の短縮につなげることができるのです。

 

ローストビーフサラダ

 

私は、「高級感のある夜食を食べたい」というときには、ローストビーフサラダを食べています。やはり、ローストビーフが使われている料理は、高級感を感じられるものですよ。

ちなみに、ローストビーフサラダは、スーパーなどで300円程度で売られています。つまり、ローストビーフサラダは、「安いが高級感を感じられる料理」ということですね。

もちろん、ローストビーフサラダであれば、300カロリー以下に抑えることができるでしょう。

 

ラーメン+白米

 

私は、どうしても空腹が激しいときには、「ラーメン+白米」という組み合わせの夜食を食べます。

ラーメンはインスタントもので、300カロリー程度です。もちろん、カロリーを抑えるために、ラーメンに具を入れることはしません。そして、白米は茶碗半分弱の量で、100カロリー程度といったところです。

「ラーメン300カロリー+白米100カロリー=合計400カロリー」ということになります。つまり、「ラーメン+白米」の夜食であっても、400カロリー以下に抑えることができるということですね。

300カロリー以下のインスタントラーメンも売られていますので、ぜひスーパーで探してみてください。

 

 

まとめ

 

美肌を保つ夜食の食べかたについて、提案をしてゆきました。たとえ、夜食を食べるとしても、工夫次第では充分に美肌を保つことができます。例えば、「夜食は300カロリー以下に抑える」など、意外と簡単な工夫で、美肌は保てるものですよ。

ぜひ、夜食を食べる機会がある人は、この記事を参考にしてみてください。そして、夜食を楽しみつつも、美肌も維持してゆきましょう。