髪のいい香りを持続させる方法 いい匂いを維持することは可能である!

やはり、常に「いい香りの髪」を持続させたいですよね。この記事では、髪のいい香りを持続させる方法について、紹介をいたします。はたして、どのようなことをすれば、いい香りの髪を持続させることができるのでしょうか。

 

いい香りのシャンプーを使う

 

いい香りのシャンプーを使えば、髪はいい香りになるでしょう。また、香りが持続しやすいシャンプーを使えば、髪のいい香りは長く続くはずです。

口コミなどを参考にすれば、「いい香りのシャンプー」「香りが持続しやすいシャンプー」を見つけることができますね。

ただ、「今使っているシャンプーはいい香りはしないが、頭皮の調子がいいので変えたくない」という人もいることでしょう。もちろん、いい香りのシャンプーを使わなくても、ヘアコロンなどを活用すれば、髪をいい香りにすることはできますので安心してください(ヘアコロンなどについては後述いたします)。

 

朝シャンをする

 

朝シャンをすれば、夕方どころか夜まで、髪のいい香りを持続させることができます。実際、私も朝シャンをしていた時期があるのですが、深夜まで飲んだときでも、髪からはシャンプーの香りが漂ったものです。

「夜まで髪のいい香りを持続させたい」という視点のみで考えるのなら、朝シャンは有効な手段となります。しかし、頭皮の健康面などのことを考えると、やはり朝シャンはすべきではないでしょう。もちろん、「朝も夜もシャンプーをする」なんて生活も、確実に頭皮には悪いと言えます。

どうしても朝シャンを活用したいのなら、大切な日のみ行うなど、限定的に朝シャンをしてみてはどうでしょうか。

 

 

ヘアコロンを使う

 

ヘアコロンとは、「髪用の香水」のことだと考えてください。つまり、ヘアコロンを使えば、髪をいい香りにすることができるということです。

試しに、ネット通販サイトで、「ヘアコロン」と検索してみてください。おそらく、たくさんのヘアコロンがあることに気づくことができるはずです。もちろん、ヘアコロンの香りの種類も、様々なタイプがありますよ。

ぜひ、自分好みの香りがするヘアコロンを、見つけてみてください。また、色々なヘアコロンを購入して、気分によって使い分けるのも楽しそうですね。

 

 

いい香りのアウトバストリートメントを使う

 

「ヘアコロンは敷居が高い」と感じられる場合は、アウトバストリートメントを活用するのも1つの手でしょう。

アウトバストリートメントであれば、より気軽に髪をいい香りにすることができます。もちろん、アウトバストリートメントを朝にすれば、髪のいい香りは持続することでしょう。

それこそ、アウトバストリートメントの香りの種類も、様々なタイプのものがあるので、選ぶだけで楽しむことができるはずです。

 

ロングヘアにする

 

ロングヘアにすれば、シャンプーをする面積が広がるわけですから、髪がいい香りになりやすくなります。もちろん、ロングヘアの場合は、髪が風でなびく機会も多いので、いい香りが周囲に伝わりやすいものですよ。

ただ、ロングヘアにしてしまうと、シャンプーは確実に面倒になります。もちろん、ロングヘアの場合は、ドライヤーで髪を乾かす際もかなりの時間を要します。

やはり、ロングヘアにすることを決意する前に、「ロングヘアと向き合えるのか?」と自分に問いかけてみるべきでしょう。

 

 

髪の量を多くする

 

「髪の量を多くすると、いい香りが持続する」とよく言われます。理由は、「髪の量が多いと、シャンプーの香りが広範囲に行き渡るから」でしょう。

ただ、反対に、「髪の量を少なくすると、いい香りが持続する」という意見もあります。その理由は、「髪の量が少ないと、シャンプーの香りが風でなびきやすい」というものでしょうか。

私は、「髪の量が多いヘアスタイル」も「髪の量が少ないヘアスタイル」も経験しています。そして、私の場合は、「髪の量が多いヘアスタイルのほうが、いい香りが持続する」と感じているのです。

髪の量が多いヘアスタイルにトライしてみるのも、アリなのではないでしょうか。もしかしたら、髪のいい香りが持続するかもしれませんからね。

 

ドライヤーをサボらない

 

ドライヤーをサボってしまうと、髪は生乾き臭を発しますよね。そんな生乾き臭は、髪のいい香りの大敵です。やはり、「髪のいい香りを持続させたい」と考えるのなら、ドライヤーをサボらないことも大切でしょう。

確かに、毎晩のようにドライヤーをするのは、とても面倒な作業だと言えるでしょう(特に髪が長いと地獄ですよね…)。しかし、髪のいい香りを持続させたいのなら、面倒な気持ちを受け入れてでもドライヤーをすべきでしょう。

ちなみに、「大風量」の機能があるドライヤーを使うと、比較的早く髪を乾かすことができますよ。

 

 

シャンプーとトリートメントの香りは同系統のものにする

 

例えば、シトラス系の香りのシャンプーと、スイート系の香りのトリートメントを愛用しているとしましょう。つまり、「シトラス系の香りのシャンプー→スイート系の香りのトリートメント」と使っているわけです。この場合、「シトラス系の香り(シャンプー)」と「スイート系の香り(トリートメント)」が混ざってしまい、落ち着きのない香りが髪から漂ってしまうことがあります。

やはり、髪をいい香りにするためには、シャンプーとトリートメントの香りを、同系統のものにすべきでしょう。

また、ヘアコロンなど、髪につけるものは、やはりシャンプーとトリートメントと同系統の香りのものにしたいですね。

 

 

タバコの煙など、「臭くなる原因」を遠ざける

 

タバコの煙など、「臭くなる原因」ってありますよね。言うまでもなく、「臭くなる原因」を発するものの近くに行くと、髪は臭くならざるを得ません。

やはり、髪のいい香りを持続させたいのであれば、タバコの煙など「臭くなる原因」を遠ざけるべきでしょう。

ただ、社会人生活を送っていると、「仕方なく臭くなる原因に近づかなければいけない場面」も出てくるかもしれません。例えば、人前で喫煙するような上司と接する場合は、嫌でも髪が臭くなるものです。

このような場合は、ヘアコロンなどを、持参してみてはどうでしょうか。ヘアコロンなどを持参すれば、髪が臭くなっても、対処をすることができますからね。ちなみに、アトマイザーを活用すれば、ヘアコロンを手軽に持ち歩くことができますよ。

 

 

信頼のできる美容師に相談をする

 

信頼のできる美容師に、「髪をいい香りにして持続したいんですけど、どうすればいいですか?」と聞いてみてもいいでしょう。

美容師は、髪のプロですからね。そのため、あなたに合った、「髪のいい香りを持続させる方法」を聞くことができるはずです。

また、「私に合っている香りって、どんなものですか?」と美容師に聞いてみるのもいいですね。やはり、人それぞれ、合っている香りというものがあるわけですからね。

自分に合っている香りを髪から漂わせることで、より女性らしさを引き立てることができるでしょう。

 

 

最後に

 

髪のいい香りを持続させることができれば、女性力を高めることができます。もちろん、髪のいい香りが持続すれば、自分自身も幸せな気持ちになることができるはずです。

ぜひ、この記事を参考にして、「髪のいい香りを持続させる方法」を知ってください。そして、実際に髪のいい香りを持続させることができれば、楽しい毎日を送ることができるでしょう。