スーパーフードコスメ ボディミルク(ハニー&ヨーグルト)の使用感

夏本番も過ぎると、徐々に肌の乾燥が気になる季節がやってきます。

季節の変わり目のスキンケアは乾燥しすぎorベタつきといったトラブルが起こりやすいので、普段よりも選ぶアイテムは気を使いますね。

本記事では、スーパーフードコスメ ボディミルク(ハニー&ヨーグルト)の使用感について紹介します。

 

 




「豊富な保湿成分で肌をしっとり包む」

ハニー&ヨーグルトのボディミルクには、ハチミツ、ヨーグルト液、豆乳発酵液といった食べ物由来の保湿成分が含まれているのがウリです。

その他にもプロパンジオールやオリーブ果実油、シアバターなど美容に関心がある人には馴染み深い成分も入っていますね。

刺激性の強い成分が含まれていないので肌に塗ってもチクチクヒリヒリしませんし、体のどこに使っても優しく肌を包み込んでくれます。

フルーティーフローラルの香りも強すぎないので、お休み前だけでなく日中乾燥が気になる時にも使いやすいのが利点です。

 

 

「非常に伸びが良くスルスルと塗れる」

このボディミルクはテクスチャは少々とろみがあり、液を取った手を傾けるとゆっくり垂れてくるくらいの緩さがあります。

半透明の白色で完全にミルクというよりも、多少ジェル感があるように感じます。

液は大変伸びが良く、使用する時のストレスがありません。

少量でも広範囲に伸びるので、コスパはいいかと思われます。

塗って3分も経てば肌表面はサラサラもちもちになりますから、浸透力もそこそこ優秀です。

 

 

「保湿感がほしければ2度塗りが丁度いい」

ボディミルクなので流石に固形のシアバターなどと比べてしまうと、保湿力は劣ります。

乾燥しきった肌を保湿するためには両腕で2プッシュ、両脚で2プッシュ程度の量が必要になります。

特別肌が乾燥していない時やちょっと保湿したいなと思った時は、1プッシュを加減して塗る程度でいいでしょう。

私はお風呂上がりにまず両腕両足に1プッシュずつ使ってみましたが、それだともう少し保湿したいな……と思える具合でした。

1度塗って肌に馴染んだ後で改めて塗り拡げた所で肌がもちもち柔らかくなったので、保湿感がほしい時は重ね塗りをするのがベストですね。

 

以上、スーパーフードコスメ ボディミルクの使用感の紹介でした。

表面はサラサラ、肌の内側は程よくしっとりもちもちするので秋や春など肌の水分コントロールが難しい時期には重宝します。

適度な保湿具合で伸びもいいというように使用感も良好だったので、ボディミルクの中では当たりアイテムのひとつだと感じました。