無印のオリーブスクワランオイルをスキンケアに使った感想

無印良品は店舗に数種類のオイルのテスターが置いてあったり、オイル毎の特徴をまとめたPOPが貼ってあったりするのでそこからオイルデビューする人も多いかと思います。
数あるオイルの中でも、オリーブスクワランオイルは軽い使用感だったので今の季節にピッタリです。




無印のオリーブスクワランオイルをスキンケアに使った感想

本記事では、無印のオリーブスクワランオイルをスキンケアに使った感想について紹介します。

 

「洗い流すトリートメントや浴槽に入れても使える」

オリーブスクワランオイルは他の美容オイルと同様、お風呂の外でも中でも使えます。
サラッとした保湿感なのでベタつきにくく、ヌルヌルした重めの質感が嫌な夏場には最適なオイルのひとつと言えます。

 

お風呂の中では、洗い流すトリートメントとしてコンディショナーに混ぜたり浴槽に数滴垂らすのがいいですよ。

コンディショナーに混ぜれば普段よりも髪がしっとりサラサラになります。
それでいてアウトバストリートメントのようにベタつきがないので、頭皮の脂量が多い人でも安心して使えます。

お風呂上がりにオイルを肌に塗るのは嫌だけど全身くまなく保湿したいという人は、浴槽にオイルを4,5滴垂らしてよくかき混ぜた後入浴するといいでしょう。

浴槽全体にオイル成分が広がるので、普段保湿を怠りがちな背中や首筋も簡単にケアすることができます。

 

 

「お風呂上がりの全身保湿用にも」

オイルはお風呂の中でも使いやすいですが、お風呂上がりに使うのも効果的ですよ。
紫外線や乾燥など環境ダメージを受けた肌に、オリーブスクワランオイルはすっと浸透して馴染んでくれます。

お風呂の中でのケアが全身そこそこの保湿度で満遍なくといった具合なら、お風呂上がりでのケアは一点集中の保湿力に優れます。

とはいえこのオイルは大変コスパがいいので、惜しみなく乾燥が気になる箇所に馴染ませていいですよ。

乾燥が気になるヒジやカカトは勿論のこと、外に晒す機会の多い腕や足、エイジングサインが出やすい首筋などのケアにも向いています。

夏はセルフで剃毛をする機会も増えてきますが、オイルは刺激がないのでそのアフターケアグッズとしても優秀ですよ。

 

 

「癖がなくオイル入門用にも向いている」

オリーブスクワランオイルは美容オイルの中でも適度に軽いので、かなり使いやすい印象でした。

お風呂上がりに肌に塗ったら、次の日の朝~日中くらいまでしっとり感と肌の柔らかさが持続します。

オイルに苦手意識を持っている人でも、このオイルならベタつかないので手に取りやすいと思われます。

香りもないので他の香りものの邪魔をしないというのも、人によっては大きな利点と言えるでしょう。

 

 

以上、無印のオリーブスクワランオイルをスキンケアに使った感想の紹介でした。

価格の割に肌馴染みがよく、保湿力も丁度よく非常に使いやすいオイルでした。

このオイルは大きな容量のタイプもありますが、最初に買う時は少量のボトルで試してみるのがいいですよ。